Sunsnine&Go

現在フリーターをしながらポジティブに人生を模索している20代男のブログです。

人生の分岐点

お久しぶりですにーちぇです。

とりあえず最近はいろーんな仕事してみようと思って短期のバイトをちょいちょいしてました。

けれど、なかなか自分が興味のある、やりたいことが見つからない。

自分としては仕事は楽しいこと、充実感があること、人と関わることでなんとなく自分の存在意義とか生きている実感、人の役に立ててるんだなあと感じるタイプなので、ほんとに興味すらもてない仕事をしてるとき(だいたいどんな気持ちになるかわかっていたけど経験としてやってみた)は自分の顔が死んでいた。



逆に少しでも楽しいな、充実してるな、と感じるときは明らかに顔つきが違っていた。  わかりやすい男だなあ笑



「仕事選びには妥協が必要」

「みんな嫌々働いているんだから」

「結婚してたらそんなこと言えないよ」

「仕事は仕事で割り切ろうよ」


こんなことはたくさん聞いてきた。

でも僕は「妥協」や「諦め」で仕事を選択したくないし1度しかない人生なんだからできれば思いっきり楽しめる人生がいい。



こんな考えになった要因としては、自分の周りに好きなことをして生き生きした顔をしてる人が何人かでてきたこと、周り以外では芸能人でいえばキングコングの西野さんや元ライブドアの堀江さんのようにしたい仕事をしている人が増えてきたからだと思う。逆にいうとほとんどの友達や知り合いは嫌々働いている。

だからこそ余計にこんな考えになった。






僕の地元は田舎で、就職口はあるにはあるが、製造業だったり他の工場系といった仕事が多い。そして県民性的にも、「地元で育って地元で安心、安定を基準に就職をしてできれば定年までその会社で働いて一生を終えるのがベスト。」という考えがある。例外なく僕の親もそんな考えで、それが普通と思っている。 いわゆる「保守的」、「我慢強く、辛抱」といった言葉がぴったりだろうか。 




以前、不二越の社長の「富山県民は採用しない」、
「ただしワーカーは富山から採る」といった発言が避難された。



でも、この社長の気持ちもわからなくもない。やはり県民的に「安心、安定」を求めるので、クリエイティブな仕事にはあまり向かないのだろうと思うし、一定の変化のない作業は「我慢強い、努力家」な県民的にはぴったり相性が合ってくるのだろうと思う。



僕はできれば地元で就職したい(親だっていつまで元気でいるかわからない、友達も地元に多いから)と思っていたけれど、なかなか見つからなかった。


だからこの歳にして大きな決断にはなるけれど県外の会社を受けた。受かるか受からないかはわからないけれどやっぱり人生後悔したくない。失敗したなら失敗したでいい。 やらない後悔よりやった後悔。 なんだか自分の気持ちがわけがわからなくなるときもあるけれど自分を信じて突き進む!家族や友達が幸せになることはもちろんだけど、まずは自分が幸せじゃないとね!






      


      人生エンジョイ!!!

美容室でやっすいインスタントコーヒーを飲ませるくらいならガチなメニューをつくったほうがよくない?

こんにちは にーちぇです。

f:id:niraikanai6689:20170617235857j:plain

 

僕は毎朝blackコーヒーを飲みます。 豆にそこまでのこだわりはないけれどくそ安いまずいインスタントのコーヒーと本格的な焙煎コーヒーとの違いくらいはわかります。

 

 

自分が勤めていたお店もそうだったけれど、日本のほとんどの美容室でパーマやカラーの待ち時間に、「ドリンクいかがですか?」って言われて「じゃあ・・・」って頼むことが多いと思うんですよね。

 

それで出てきたものが、だいたい使い捨ての容器に決してうまいとは言えないコーヒーもしくはジュース、お茶だったりが入っている。

 

それにアメとかチョコとかがついてくるかんじ。

 

ほとんどはこんなかんじじゃないかな?って思ってます。

 

お客さんも、その場では「ありがとう」とか「おいしかったよ」とか言ってくれるんですが、それはあくまでサービス(無料)だからそう言ってくれてるんじゃないでしょうか?

 

普通のお店(レストランとか)で使い捨てのコップにてきとーにまずいドリンクが入ってたりしたら僕だったら半ギレです。

 

でも美容室ではなぜかだいたいそれが普通。カフェやレストランじゃないんだから・・・そんな声が聞こえてきそうです。

 

美容室側もたぶん「お金がかかっていないサービスだし・・・」と完全に割り切って、悪い言い方をすると「ドリンクを出すだけでありがたいでしょ」的な発想がどこかにあるんじゃないかと思ってしまいます。

 

 

 

個人的にはまずいものを出すくらいなら出さないほうがいい。 そう思っちゃいます。

 

そんなことをするくらいならドリンクを料金が発生するメニューに化してお金をもらっちゃえばいいんじゃないかなあ?

中途半端なまずいものを出すよりしっかり料金をいただいておいしいものを出す。

そんなふうになれば本当に美容室の価値が上がる気がします。

 

だって普通に考えて技術と接客は良いのに出されるドリンクがくそまずかったらどうでしょう???笑  

 

かなり手抜き感が半端じゃないし、サービスなんだから・・・っていう感じをどうしてもぬぐいきれないです。

 

 

f:id:niraikanai6689:20170618000357j:plain

 

 

美容室も今は「トータル美」を求められる時代。髪の毛もそうだけど身体の外面、内面もキレイになることが求められている。

 

だから例えば、ドリンク提供ではオーガニックにこだわったオレンジジュースやグレープフルーツジュースを出すとか、水なら水で雑菌が入っていないピュアなおいしい水を出す、コーヒーは本当においしい良い豆を使うとかすれば、美容室に来たお客さんはその瞬間は「キレイになっていってる!」のを実感するんじゃないかあ?

 

最近はカフェ併設の美容室もちょっとずつできているみたいだし、そういうお店はカフェでドリンクやスイーツなどを注文してセット面にもってきてもらうというサービスもしてるみたいです。

 

中途半端なサービスは求められる時代じゃない気がしてます。

 

”上”か割り切って”下”か

 

そんなかんじの時代かなと。

 

僕は質を求めて”上”ですね。

   にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ
にほんブログ村

 

 

 

話題のバルクオムを1週間使ってみた感想

こんにちは にーちぇです。

最近洗顔料変えました。

https://bulk.co.jp/


2013年にスタートしたメンズスキンケアブランド、 バルクオムです。



メンズもついにここまできたか・・・ってかんじです・・・


洗顔料2000円

化粧水3000円

乳液3000円







・・・・・








高っ!!
正直かなり驚きました。

だってねぇ、、3つ買うと約1万ですよ⁉️


いくらなんでもこんなにお金をかけるメンズはいるのか⁉️⁉️

そんなふうに思いましたがけっこういるみたいです。



それだけ良いものなのかな?どうなのかな?ってかなり疑ってたけど、使ってみるとまあビックリ!




洗顔料は全然突っ張らないし、化粧水は若干とろみもあって肌に馴染みやすいし、乳液は意外とさらっとして嫌なあのクリーム感がない。



男子は皮脂がたくさん出るけど水分が女性と比べて少ない。女子はその逆。

そんな特性をしっかり踏まえて開発されてるんだなーって思いました。

ほんとに、なんていうか、変な使用感がない(良い意味で)。


これはスキンケアになれていない男子も使いやすいんじゃないかなあ?




それになんといってもほとんど天然成分で作られているのがほとんど。  敏感肌の人にもピッタリですね。




僕も1週間今使ってみてその良さを実感してます。

肌のもちもち感が半端ない。




今までア○ュバンのスキンケアシリーズを使っていたけどもう戻れないかも・・・ごめんなさいア○ュバンさん。




今なら洗顔料、化粧水、乳液、泡立てネットがついたスターターキッドがありますよ。


ボディー系のケア用品も出てるから今度使ってみたいですね。

男子も「トータル美」、そんな時代が来そうです(´- `*)